« いろんな形の支え | トップページ | アイ・キッチンのアフィリエイトプログラム始まりました♪ »

不幸と幸福の基準

昨日、1通のメールが届きました。

私の考えに否定的な意見をメールでいただくのは初めてだったので、
一瞬、胸がきゅーっと痛みました。
昔の私だったら、立ち直れなくなっちゃうかな。
たぶん、二度と読み返すことができなくなってたと思います。

でも、私は何度も読み返しました。
と同時に、幸福と不幸について考えていたのです。


私が生きてきて、学んだことのひとつ。
自分が幸福だと感じたときに幸福は現実になる。
自分が不幸だと感じたときに不幸は現実となってしまう。

周りがいくら「あの人は不幸だよね」と思っても、本人が不幸だと思わない限り、不幸ではないと思うのです。

また、不幸や幸せは人と比べるものではないと思います。

「私はこんなに苦労しました。とても不幸でした」と書いたところで、
もっと不幸なことを経験した人からすれば「そんなの苦労のうちには入らないよ」と思うでしょう。
幸せそうにみえる人でも、それまでの人生には人には言えない苦労があったのかもしれません。

不幸と幸福の基準って、ひとそれぞれに違うものではないでしょうか。


+ + +


私の人生は順風満帆ではないと思っています。
でも、敢えて不幸だった、苦労したと話すつもりもありません。

人生いろいろな出来事があって、今の考え方ができるようになりました。
不幸や苦労をしてきて幸せを手に入れたら、今度は周りに恩返ししたくなりました。

心に余裕ができて、やっと周りを幸せにする力が与えられると思います。

いろいろとご希望が書いてありましたが、
私の言葉をキレイごとだと言われても、私の考えなので変えることができないんです。
そのメールに書いてあったことも、その人の考えだからそのまま受け入れます。

多くの意見に耳を傾け、自分の中で消化して、また自分の道を歩きます。

その人のメールは削除しないで、保管しておくことにしました。
大事なことを忘れそうになった時に読み返します。


この記事は匿名でメールをくださった方へ私の考えを伝えたくて書いたので、
コメントをクローズさせていただきます。

|

« いろんな形の支え | トップページ | アイ・キッチンのアフィリエイトプログラム始まりました♪ »

藍玉のポリシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112335/4875445

この記事へのトラックバック一覧です: 不幸と幸福の基準:

» 不幸だと思わない生活 [♪子は育つ・ハハも育つ♪]
不幸だと思わない生活。。。藍玉さんのブログを読んで、考えてみた。人って、いろんなことを経験してきて、今があるんだと思います。私自信、出生から今までなんでこんなに、いろいろあるの?って思いながら、生活してきた。でも、そのつど、そんなことがあったから今の自...... [続きを読む]

受信: 2005-07-09 04:02

» 一つの記事で時には人間関係が崩れる場合も [アフィリエイト留学・ネット収入逆成功]
一つの記事で時には人間関係が崩れる場合も [続きを読む]

受信: 2005-07-11 21:10

« いろんな形の支え | トップページ | アイ・キッチンのアフィリエイトプログラム始まりました♪ »