« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の1件の記事

ドロップシッピングとアフィリエイトの違い

アフィリエイト業界でも話題になっている『ドロップシッピング』。
ASPでは電脳卸に続き、A8ネットがドロップシッピングをリリース予定となり、アフィリエイト仲間の間でも「ドロップシッピングってどう?」と話す機会が増えました。


ドロップシッピングはアフィリエイトに似たシステムです。
電脳卸の説明を読むと、

 ●電脳卸 affiliate   購  買:ECショップへ誘導(宣伝)   小売価格:ECショップの表示価格

 ●電脳卸 drop shipping
  購  買:販売店会員のサイト内で注文が完結(販売)
  小売価格:販売店会員が自由に決定


無料商品仕入戦隊“電脳卸”今夏「ドロップシッピング」スタートから引用

とあります。


「販売店=アフィリエイターが小売価格を決定し、アフィリエイターのサイトで注文が完結する」、ということでアフィリエイトよりも、メリットは多くなります。
また、お客様の囲い込みができるようになり、ビジネスとしてアフィリエイトを展開しているアフィリエイターには朗報でしょう。オークションやショッピングモールに出品できるなど、販売方法の選択肢が増える点も魅力です。


しかし、私には大きな不安があります。アフィリエイトと同じレベルで考えていいのでしょうか?

アフィマネさんの記事
ドロップシッピング戦争勃発か?

でも個人的には、アフィリエイトにはドロップシッピングにはない魅力もあると感じています。「アフィリエイトの進化形!」みたいな扱いを受けていますが、私は全く別物として考えた方が理解し易いかと感じています。

アフィマネさんの記事にあるように、私も別物だと考えます。いや、アフィリエイトと同じレベルで考えるのは危険だと思います。

大きなメリットだけが先行していますが、サイト内で売買が完結するということは、お客様の個人情報を預かる立場にもなるのです。また、お客様のお問い合わせやクレームにも対応していかなくてはなりません。


利益が大きくなる代わりに「大きな責任」が発生するのです。その責任を負うことはできるのかな?


誰にでも簡単に世界を相手にビジネスを展開することができるようになります。

電脳卸 ドロップシッピング 仮申し込み受付開始


ん~~~、私は「簡単にビジネスを展開できる」と誤解しちゃうようで怖いです。ビジネスはさきほど書いたように、『責任』が発生するものだと思うんですよ。


アフィリエイターは、アフィリエイトをビジネスとして考えている人からお小遣い稼ぎまで、意識はまちまちです。ドロップシッピングを利用するときに、責任を負う体制ができていないアフィリエイターもいると思うんですよね。私も今、責任を負えるかというと・・・自信がないです。

ドロップシッピングはアフィリエイトに比べ、どのような作業が増えるのか、どのようなリスクが生まれるのか、その点も触れる必要があると思います。


私はドロップシッピングに興味深々ですが、ドロップシッピングとアフィリエイトは別物として考えていくことにします。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »