« 持ち物はラッキーな気持ち(札幌にて) | トップページ | 孤独な時こそ素直でいたい »

孤独を抱きしめる

この記事はアフィリエイトは儲かんないってばの「ネットにある孤独」を読んで、書きたい気持ちがムクムクと湧き上がりました。

afiliateさん、私も孤独を感じてたんですよ。

080612_17020001


この写真のお菓子は、元気になるきっかけとなったひとつです。

5月下旬あたりからココロが低飛行していました。

浮上の兆しがみえてから、SNSやブログで落ち込んでいたことをやんわり書くことが多いです。この記事もそうですね。だいぶ、ココロが浮上してきたので、ブログを書けるようになったのです。


何かに疲れてしまうと、誰にも相談できずに、とことん地の果てへ急降下します。急降下している間は外界から遮断状態になります。

誰とも話さないので、孤独感は募ります。
もう誰も私を必要としてないんじゃないか、ネットから去ろうかまで考えちゃいます。


でも、孤独を感じるときは、私にとって自分に向き合うチャンスでした。本を読んでは考え、また違う本を読んでは考えの繰り返し。
本を通しての対話は感情を抜きにして、受け入れられるので、どんどんココロが落ち着いてきます。


そして、落ち込む度に気持ちや考えをノートへ書き綴っていくので、同じことで凹むことが減ります。

一人ぼっちの殻にもぐりこみ、誰とも心を通わせない日々が続き、殻の中で胎児のように漂い、自分を蘇生します。
孤独を抱きしめるのは私にとって、大事な成長の過程なのです。



つまらない物語かもしれないけど、自分という人生の主人公である自分を信じたい。
退屈な物語だけど、最後まで主人公の行く末を信じていたい。

ネットにある孤独

悲しい気持ち、つらい気持ちをブログでは書かないという人も多いのですが、私はありのままの自分を出して、「でも、前を向くよ」という記事が大好きです。自分がそうだからです。

afiliateさんの物語をずっと見守っています♪

|

« 持ち物はラッキーな気持ち(札幌にて) | トップページ | 孤独な時こそ素直でいたい »

藍玉のポリシー」カテゴリの記事

コメント

あきらめる事を負けだと言うのは
私もなんだか自分の感覚に合っていないと
思っていました。

絶対こうありたい!!とか、こうあるべきだという
一種の思い込みからの解放という感じ。

本当は、夢っていうのは
そんな風に力んでいたのでは、叶うものも叶わない
ということなのでしょうか?

“夢のなかへ”という古いポップスで
♪探すのを止めた時 見つかることもよくある話で
   夢の中へ行ってみたいと思いませんか?♪
という歌詞がありますけど、その通りですよね。

私も好い意味で“あきらめる”事って大切だと思います。
何事もあきらめが肝心。

素敵な考え方だと思いました。

 それでは。

投稿: 前田 麗子(dasubi2010) | 2010-02-16 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112335/41548319

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独を抱きしめる:

« 持ち物はラッキーな気持ち(札幌にて) | トップページ | 孤独な時こそ素直でいたい »