« 母のひざ | トップページ | crossreview(クロスレビュー)のレビューが楽しい »

人生を変えた5つのメール

私は何に対してビビっていたんだろう?
自分の意見を言うことが、こんなに楽になるとは思わなかったな。

080627_17140001


『人生を変えた5つのメール』は、主人公が5つの質問へ回答を出していく様子を描いています。私も主人公と同じように回答を出してみました。

その中で一番悩んだのが、「自分の意見を言うのに必要なことは何か?」です。


子供の頃から、自分の意見を言うことに、自信がなかったからで、グループの話し合いで、「どう思う?」と聞かれても、うつむくことが多い子でした。


小学校に入る前まではそんなことなかったんですけどね。


小さい頃は近所の友達のリーダーになって、野山を駆け回るガキ大将だったと父がよく言います。たしかに、誰とでも話せたし、天真爛漫で、伸び伸びしていたなって思います。


でも、小学1年生のとき、私の性格ががらりと変わりました。
通知表にあった「調子に乗りすぎる」という先生からの言葉が原因です。記憶は定かではありませんが、かなりショックを受けたようで、今までの私じゃいけない、大人しいよい子にならないといけないんだ、と自分を押さえ込むようになっていきました。

まだ心が成長してない時期だったので、真正面で先生の言葉を受け止めてしまったんですね。


大人になっても、何かを言ったら、否定されるかもしれないという怖さがあって、意見を交わす有意義さよりも、自分が傷つくのを未然に防ぐことを優先していました。


今はどうかというと、ネットで自分の意見や気持ちを書くようになって、怖さは薄れてきました。でも、まだ相手を選んでしまったり、自分の意見を言えないもどかしさがあったりします。


そして、『人生を変えた5つのメール』を読み、あ、私は変われると感じました。正体不明の何かにビビっているのは、限られた人生において、もったいないことをしていると思ったからです。

私が感じたことも、他の人が感じたことも、どれも正しい。
それぞれの感じ方なのだから、私の意見を言っても、否定されても、それはそれでいいよね。

子供の頃からのコンプレックスを克服できる。そのきっかけを与えてくれた大切な本です。

|

« 母のひざ | トップページ | crossreview(クロスレビュー)のレビューが楽しい »

モノ好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112335/41769843

この記事へのトラックバック一覧です: 人生を変えた5つのメール:

« 母のひざ | トップページ | crossreview(クロスレビュー)のレビューが楽しい »