« 和みのヨーガで肩こり解消を目指す | トップページ | 「なんとかなるさ」はおまじない »

桜の咲く頃に想うこと

春に生まれたせいか、桜の花が大好きです。
ニュースで桜の開花予想が流れると、ソワソワして落ち着きません。

090327_17330001001


写真:我が家の近所は、まだつぼみが多いです。

早く桜の花を見たいけれど、あっという間に散ってしまうことを思うと切なくなります。ぱっと咲いて、さっと散って行く。限られた時間だからこそ、恋しいのかもしれませんね。


散歩しながら桜を見るのも好きですが、電車の中から眺める桜も好きです。見慣れた風景の中で「こんなところに桜の木があったのか」と新しい発見を楽しみます。桜の花をじーーーっと目に焼きつくまで見つめる。毎年こんな具合です。


桜の季節と重なるのは友人への想いです。

3月から4月にかけて卒業と入学があり、別れと出会いの季節になりますね。学生時代を思い出すと、親しい友人と別れ、新しい人の輪に入るのがとても怖かったです。慣れ親しんだ場を去るのは、ペタっと張った根っこを引き抜くような気分でした。

ちょうど娘も切ない気持ちでいるのかな。
藍玉ブログ: 娘の未来


今は卒業のような別れの場面はないけれど、やむを得ない事情で会えなくなった友人や、唐突に連絡が途絶えた友人のことを想う時間が増えました。

「忘れてないよ、見守っているよ」と一言でもいいから、伝えられるといいのになって思います。でも、それぞれ事情を抱えていることを考えると、メールを打つ手が止まります。


人と人の繋がりがどんどん変化していっても、いつかまた会えると信じてる。
桜の木を見上げながら、「友達も桜を見て、心やすらいでいますように」と願ってます。


|

« 和みのヨーガで肩こり解消を目指す | トップページ | 「なんとかなるさ」はおまじない »

藍玉のポリシー」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

40代人生逆転キングと申します。

このハンドルネームにうげっ、と思った?

小林さんの著書を読みまして、おっ、いいじゃん

、と思って40代人生逆転キングのブログで紹介し

ました。

pagerank0のブログでごめんなさいね。

言い方がこういう言い方しかできないので、ごめ

んなさいね。

2冊読みました。

ホームページの前にまずはポイントサイトをやっ

てみます。

アフィリエイトかな、って思ったけど、アドセン

スにしました。

アフィリエイトかなって思ったけど、ドロップ

シッピングをやろうと思っています。

そうは言ってもASPには登録しています。

自分のこと話しすぎましたね。

ごめんなさい。

小林智子さんの本から受ける印象は、しっかりし

ていらっしゃいますね、ということです。

ご自身はお気楽とおっしゃっていますが、そんな

ことはないですね。

アフィリエイトに気づいていない人はいっぱいい

るし、ネットで稼ごう、と思われたのは、自分を

変えたい、という欲求があったからですね。

応援します。


PS パソコンは肩こります。わかります。
では、では。

ちなみに藍玉ブログのリンクは張りました。
迷惑だったらとります。

ちなみに40代人生逆転キングのブログはコメント欄がありません、テンプレートを近日中に変えます。

ずっこけの40代人生逆転キングですが、お願いします。


http://netsyoubai.blog10.fc2.com/blog-entry-16.html

投稿: 40代人生逆転キング | 2009-03-31 08:19

桜は日本人にとって
特別なものの様に思います♪

それは、私の大好きな音楽では
多くのアーティストが、「桜」を題材にした
音楽を奏でています♪

昨日は駒沢公園に花見に行き
4日連続で花見をしています(^_^;)

桜が好きなのは
たぶん・・・
冬の縮こまっていた心が
桜と共に解放されるからかなぁと
私的には思います。

花見=お酒=宴会との図式で
好きな方も多いでしょうけどね((笑))

投稿: ロックなひろぶ | 2009-03-31 09:08

あーそういうふうに思う人、いますいます
どうしているかなって
でも連絡は取れないし…

写真いい感じです♪
北海道の桜は5月です

投稿: らべかも | 2009-03-31 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112335/44518408

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の咲く頃に想うこと:

« 和みのヨーガで肩こり解消を目指す | トップページ | 「なんとかなるさ」はおまじない »