« ドリカムの「何度でも」に抱きしめられる | トップページ | 一日を大事に、丁寧に »

誰もいない公園で

誰もいない公園でブランコに揺られる。
たった一人。

100203_08260002


空に近づいて、地に近づいて、
まるで人生のように上下する。


近づく空を見上げながら、誰かにわかって欲しいと思う。

でも、伝えようとしたら、思わず言葉をのみ込んでしまった。
上手く伝えられない、私の感じたことは私だけしかわからない、そんな気がした。


共有できない寂しさを感じながら、伝えるタイミングは今じゃないのだろうと思った。

言葉が生まれてくるときを、気長に待とう。

|

« ドリカムの「何度でも」に抱きしめられる | トップページ | 一日を大事に、丁寧に »

藍玉のポリシー」カテゴリの記事

コメント

素敵なポエムのようですね。
時折、
何か行動を起こそうとする時に、
前になかなか進めない時は、
「今じゃない!」なんですよね。
自然と事が進む時は「今」、
不思議な引力を感じる時があります。

投稿: ねこのモモ | 2010-02-21 09:30

>空に近づいて、地に近づいて、
>まるで人生のように上下する。

ずっと今が続けばいいのに。

年齢が上がるにつれて、「そうもいかないな」ということが増えてきますね。

ブランコに乗って、空高くずっと飛べたらいいのに。

投稿: とことこ散歩 | 2010-02-21 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112335/47621352

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もいない公園で:

« ドリカムの「何度でも」に抱きしめられる | トップページ | 一日を大事に、丁寧に »