ブログが広まった理由

ブログが日本に上陸し、新聞やテレビ、雑誌にも大きく取り上げられるようになりました。
最近ではブログの専門書も見かけるようになり、
一気にブログが注目を浴びています。

このようにブログが広まった原因は何でしょうか?


1)簡単に開設できる

以前はホームページを持っていないと情報発信する場がありませんでした。
ホームページを作成するのは簡単ではありません。
ホームページ作成ソフトに頼るか、HTMLを勉強するなど知識が必要だったからです。

私もそうでしたが、初心者がホームページを作るのには大きな壁がありました。

しかし、ブログはホームページに関する知識がなくても始めることができます。
自分の好みにカスタマイズするとなると多少の知識は必要ですが、
ブログサービスを利用すれば簡単にブログを開設することができます。


2)気軽に情報発信できる

ホームページはコンテンツが必要ですが、
ブログは日記の感覚で記事を書いていくとそれがコンテンツになります。

今までは見ている側の人達が
「自分で情報発信できる楽しさ」を知ったのです。

楽しいことは人づてに広まる力があります。


3)交流が生まれる

ブログめぐりをしていると、あっというまに時間が過ぎていきます。
まるでその人の生活や考えた方を覗いているような気がして止まらないのです。

何の関わりもなかった人なのに、
共感できる記事やぷっと吹き出してしまうような記事を読むと、
親しみがわいてきます。

おしゃべりしているような感覚になって、
コメントを一言残したくなります。
そこからブログコミュニケーションが始まるのです。


ブログについてはgoo ブログのブログの使いかた がとても参考になりますので、ご覧ください。

memo_hello3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブログで広がるコミュニケーション

サイト運営をしている頃の交流は掲示板が主流で、
サイト運営者にとっては受動的、訪問者にとっては能動的、
お互いに行き交うことができませんでした。

昔の私はホームページを持つスキルもなく、あちこちのサイトを覗いては書き込みをする勇気が持てません。

なんだか自分が根無し草のような気がしていたんですよ。
根を張る場所がないというのはふらふらとさ迷っているだけで、
自分が何者であるか相手に伝えられないもどかしさがありました。

サイト運営者になってからも、訪問者を知るには掲示板を通して書き込み返信を繰り返し、
少しずつ相手がみえてくるものです。
訪問者からの書き込みをもらっても、
その人を知るまでにかなりの時間がかかってしまうんですよね。

でも、ブログの登場でコミュニケーションの時間が短縮されました。

ホームページを持てなかった人でもブログなら簡単に情報発信ができます。
自分の考え・家族のこと・仕事のこと・趣味のことなどを書き綴っていくうちに自然と人柄が見え隠れします。
ブログを読めば自分のことがわかってもらえる。

ブログは根を張る場所になり、自分が何者であるかを訪問者へ伝えるツールとなっています。


memo_hello3

| | コメント (0) | トラックバック (0)