自分自身も磨きをかける

友達になりたいなと思っても、相手は友達になりたいと思ってくれるでしょうか?

これは恋愛と同じですが、相手に受け入れてもらえる魅力を持ちたいものです。

たとえば、共感できるブログに出会い、コメントを残したとします。
相手があなたのブログに来たときに共感できるもの、共通点が無かったら、
交流は途絶えてしまうでしょう。

まず、交流を始める前にあなた自身の言葉で記事を書き溜めてください。

memo_hello3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つるむだけが友達じゃない

インターネットでの交流は時間の束縛をしないことがメリットのひとつです。

「明日もコメントをちょうだいね」、「なんで私のところにはコメントしてくれないの?」


と要求する・責めるのは友達を遠ざけてしまう原因になります。

ネットでは友達になりやすい反面、相手が姿を消してしまえばもう二度と交流できなくなります。
お互いに心地良い距離を見つけましょう。


memo_hello3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共感できる記事をみつける

友達が欲しいからといって無差別にコメントをすると、
長く付き合える友達にはなかなかめぐり会えません。

友達というものは気が合う、尊敬できる、安らぐなど
何かしら相手に対して心が動くものがあるはずです。

心が動く記事を見つけたら、その想いをコメントにしましょう。
あなたのコメントに心が動くことを願って。


memo_hello3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手の記事をじっくり読む

自分のことを知ってもらいたいからといっても、
「私は私は」と自分のことだけ書かれたコメントは興味が失せます。

人って自分のことを知ってもらいたい気持ちが強いと思うんです。
だから記事を書いているはずです。

相手のブログにコメントする場合は相手の記事をじっくり読んで、相手の考えについて感想を書くことが基本だと思います。


memo_hello3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分から勇気を出す

アフィリエイトのことをメモ代わりに書くからいいやと思っていても、コメントが付かない日が数日あると寂しさを感じます。

一緒にアフィリエイトのことを話し合える仲間が欲しい。この気持ちが私の一歩を踏み出すきっかけになりました。

待っているだけじゃ友達はできない。みんなも待っているんじゃないかな?

他のブログに初めてコメントするのには勇気が必要です。

拒否されないかな?仲間に入れてもらえるかな?と不安でいっぱいになりますよね。

でも、自分が思っているということは相手もそう思っていることが多いんです。自分から挨拶をする。相手の扉をノックしましょう。


memo_hello3

| | コメント (0) | トラックバック (0)