2006年も能率手帳に決めた

手帳と家計簿はアナログがすき。スイッチを入れなくても見れる環境でいたいから。

来年の手帳はどうしよう。
バーチカルに心揺れ動く。タイムデザイナーもいいな。
フランクリンプランナーも気になる。

でも数年使い慣れたウィークは捨てがたいなぁ。

あれこれ迷った挙句2006年版【1月始まり】能率ダイアリーキャレルB6ウィーク(ブラウン) にした。

仕事に使える機能性と職場でも映えるファッション性の両立2006年版【1月始まり】能率ダイアリー...


購入の決め手は

1)月間予定表がついてる

2)週間予定表の横にフリーページがある
(週間でToDoリストの管理、交通費のメモ、外出先の住所を書き留めるため)

3)B6はカバーが気に入った

4)フォントのデザイン・色合いがすき

5)月別にタブがついていて、めくりやすい

6)大きな決めては使い慣れていること

7)ほとんど自宅での作業なのでバーチカルにする必要はないかと(お手製の時間管理表もあるし)。


大きいサイズにしたことで書けるスペースは増えたけど、
やっぱりアイデアノートは持参します。


あと、バーチカルも試してみたかったので、
フランクリン・プランナーの2006年版スリムノート Dec.05~Dec.06(カバーなし)も購入。

2006年版スリムノート Dec.05~Dec.06(カバーなし)

フランクリン・プランナーでゴールへの道筋作りを学んでキャレルに反映していこおっと♪


| | コメント (3) | トラックバック (1)